5歳の子供ですら大人の矛盾に気づく。まずは自分のしつけから


Sponsored Link

「甘いものそんなに食べたら体に悪いし、虫歯になっちゃうわよ。歯医者さんに行くの嫌でしょ」と言いつつ自分は毎日のように食べている。

「ほら、もうこんな時間よ。明日起きれなくても知らないわよ」と言いつつ自分は家事がひと段落したら、録画しておいたドラマを見る。

このように、子供にはいろいろと制限をしておきながら、私たちは”自分は大人だから”という理屈で矛盾した行動を取っています。確かに成長過程において、健康的な食事をさせるのも、たっぷり睡眠をとらせることも子供の将来を考えれば大切ですから、自分はさておき、規則正しい生活を送らせたいものですよね。

しかし、子供の健康のメリットをとる一方で失っているものがあります。それはあなたの信頼と、子供が自分で考える能力です。

というのも、最新の研究によると5歳児ですらあなたの言動の矛盾に気が付いているそうで、それが信頼する相手の判断基準にもなっているからです。

 

5歳でも矛盾に気づく

By: Cory Denton

コロラド大学の心理学者Sabine Doebelさんらは、子供は何歳ごろから矛盾に気がつくことができるのかを調査しました。

最初の実験では3歳から5歳の子供にビデオを見せます。動画の中では一人の女性が他の2人に対して次のような質問をします。

「今日あなたが見たボールについて教えてくれる?」

それに対して、一人の女性は
「今日見たボールは今まで見た中で最も大きかった。そして最も”小さかった”。」

もう一人の女性は
「今日見たボールは今まで見た中で最も大きかった、そして最も”柔らかかった”。」

この場合だと、最初に答えた女性の発言が矛盾していることになります。映像を見た後、どちらの女性が間違ったことを言っているのか質問されます。

すると4歳から5歳の子供は正確に、その矛盾を判断することができたそうです。

さらに、5歳児に至っては、回答した女性が信頼できる人なのかを判断していたそうで、例えば「新しい言葉の意味を尋ねるのであれば、どの女性に聞いてみたい?」という質問をすると、言動に一貫性のある女性を選ぶ傾向が強かったとのこと。

Sponsored Link

 

矛盾を受け入れると思考停止する

By: Bruce Guenter

発達心理学者の父、ジャン・ピアジェに言わせれば、少なくとも8歳までは大丈夫となるかもしれません。しかし、私たちが何気なく犯している矛盾に、彼らはしっかりと気づいていて、そうした言動を繰り返すほど、私たちは信頼という最も大切なものを失っています。

逆に言えば、信じられる人を探す能力を育てているということになるかもしれませんが、素直な子に育てたいのであれば、言動の矛盾をなくす努力をした方が良いでしょう。

甘いものを食べて欲しくないのであれば、まずは自分から食べるのをやめる。早く寝て欲しいのであれば、自分も早く布団に入るようにするということです。

状況に応じてコロコロと意見を変えるような人について行きたくないというのは、何も子供に限ったことではありません。大人でも嫌なはずです。学校や職場、友人関係でも様々な矛盾を目の当たりにしてきたはず。その時にあなたもネガティブな感情を抱いたでしょう。「自分を棚に上げて何なの?」と。

By: Robert Couse-Baker

でも、大人になるにつれてこう考えるようになります。「人間だから、しょうがないよね。私もそういう時はたまにあるし。みんなそうだから私も少しくらいいいかな。」

こうして間違ったことでも、受け入れるようになり、自分も間違った行動をするようになります。

 

まずは自分が変わる

By: Suzette – www.suzette.nu

昔は「自分に厳しく、他人に優しい人になりなさい。」と言われていたにもかかわらず、厳しい社会を生きていくうちに、そんなことは記憶の彼方。自分にも厳しく、他人にも厳しい人間になってしまった方は多いでしょう。以前はそうじゃなかったのに。

でも本当にそれでいいのでしょうか?世の中のためなのでしょうか?

みんなが生きやすい社会を作りたいなら、自分にも優しく、他人にも優しい人間になった方がいいのではないでしょうか?社会貢献というのは何もお金を生み出すことだけではありません。本来は住みやすい社会を作ることが社会貢献です。

ちなみに先ほどの研究では、記憶力の高い子供ほど大人の矛盾に気づく能力が高かったそうです。裏を返せば、矛盾を受け入れるほどに、彼らは考える力を失うのかもしれません。

ルールだからといって、会社の不条理なシステムを受け入れてしまう。みんなそうしているからといって、就職活動をするように。

素直に育って欲しいのであれば、あなたが素直になりましょう。健康に育って欲しいのであれば、あなたが健康な食生活を送りましょう。

Sponsored Link