自分に甘い人の方が幸せで、健康、仕事もできる。


Sponsored Link

勉強、ダイエット、仕事において結果を出すには自分を厳しく律し、必死で努力をしなければなりません。他の人もある程度努力をしているわけですから、それを上回る努力をしなければ何かを得るのは難しいのです。逆に言えば他人よりも圧倒的努力をすれば結果が出るということで、受験勉強はそのいい例ですよね。

一方で世の中には、そうした努力をすることなく結果を出せる人たちがいます。一体何が違うのでしょうか?それは「努力を努力だと思わない」「それ自体を目的化しない」「単純に楽しんでいる」人たちです。そもそも考え方が違うわけです。

By: GoToVan
By: GoToVan

自分に厳しくすることなく何か目標を達成できるのであれば、それに越したことはないですよね。

また最新の研究によると「自分に厳しい人ほど、自分には他人と比べて特別な価値がない」と思う傾向が強いそうで、自分に厳しくするほど「自分には特別な能力がないから」と思う傾向が強くなり、成功から遠ざかってしまうのかもしれません。

 

自分に優しい人の方が得

By: haylee -
By: haylee –

実験を行ったのは、カナダ、ドイツ、アメリカの研究者ら。

彼らは大人161人に実験に参加してもらい「彼らの自分への慰めの傾向」そして「”成功”から”平等”まで彼らにとって重要な価値観は何か」が調べられました。

実験では、参加者らに2つの失敗のシナリオをイメージしてもらいます。

1つ目のシナリオでは失敗した時、自分を慰め、許しを与えるという内容。2つ目は失敗に対して自己批判をする内容です。

最後に、この二つのシナリオを読んでどのように感じたかが尋ねられます。

すると自分への慰める傾向が低い人、つまり自分に厳しい人ほど、他の人たちと比べて自分には特別な価値がないと評価したそうです。

そして、自分へ厳しい人ほど「自分への甘さは成功への妨げとなる」と考えられそうですが、この調査で分かったことは逆。彼ら自身も、何かに失敗した時に自分に同情することは、幸福に生きるためには大切なことだとわかっていたそうです。

By: Jaume Escofet
By: Jaume Escofet

しかし、彼らが1つ目のシナリオを読んだ時、つまり自分を慰めるような内容を読んだ時、自分が「怠惰」「熱意がない」「無責任」「競争心がない」などと感じたそうです。

みんな自分に優しくしても良いと分かっているのに、実際には自分を傷つける思考や行動をしているのです。

2つ目のシナリオを読んだ時には、自分が強い存在で、より責任感がある人間だと感じられたそうです。

自分に同情すれば「怠惰」「熱意がない」「無責任」と感じ、自分に厳しくすれば「強い」「責任感がある」と感じられる一方で自分を傷つける。自分に厳しい人は、成功した時以外は、どう転んでもネガティブな方向に進むことがわかります。

Sponsored Link

自分に甘くても成功できる

By: Rui Fernandes

生まれてから親や学校教育の影響で「死に物狂いで努力しなければ何かを得られない」「何かを得るためには大切な何かを捨てなければならない」ような考え方が植えついています。

確かに努力することも、何かを絶つことも目標達成には重要な時があります。

しかし、自分に厳しくすること自体を目的化しても意味がありません。大切なことは何かを達成することですから。

ましてや厳しい努力がストレスに感じているのであれば、新しいやり方を試してみたり、それ自体をやめてみるべきです。

なぜなら人はストレスを感じている時、脳のほんとんどの機能が低下し、一気にパフォーマンスが落ちるからです。そんな状況で努力しても非効率です。

同じ努力をしているのにマイペースにやっている人のほうがいい結果を出しているなんて悔しいですよね。

By: Drew Coffman
By: Drew Coffman

そもそもストレスを感じている時点で、それは自分がやりたいことではない可能性があります。例えそれを達成することで未来への道が拓けるとしても、ストレスを感じているということは、その先に待っているものは自分の想像してたものと違うのかもしれません。

本当に達成したい夢や目標に向かっているのであれば、そのプロセスも楽しめるはずですから。

By: olle svensson
By: olle svensson

また自分に厳しくすることには弊害があります。

それは自分の考え方に固執し、他人を批判し始めたりすること。

特に「成功している人を見かけると批判する」という傾向が強くなります。自分の成功に他人は関係ないはずですよね。でも自分に厳しい人ほど自分の判断を疑っていたりします。

だから不安を隠すために他人を批判するんです。

どの分野でも”結果を出している人”、”ずっと結果が出ない人”がいます。結果を出せない人に限って自分が”厳しい努力”をしているように見せるんですよね。本当にするべきことは成功への行動であるはずなのに。

By: heyitsopower
By: heyitsopower

こんな言葉があります。
「大事なことは過去を嘆く今ではなく、今を変えようとする未来への意志だ。」

他人を批判する前に、自分を批判。自分を批判する前に、行動。

言ってしまえば行動以外、何の意味もないのかもしれません。

努力を楽しめることをしましょう。

失敗しても自分に優しくましょう。

大切なのは未来への意志です。

By: Eelke
By: Eelke
Sponsored Link