痩せている人、太っている人では味の感じ方が違う。


Sponsored Link

心理学メディア – TRICK or HEART?

「痩せている人、太っている人。この違いは一体何なんだろう?食べている量?代謝の良さ、食べている物の質?」とダイエットに取り組んでいる人であれば、このように色々と考えては、自分に合いそうなダイエット方法を実践していると思います。

では次のようなことを考えたことはありますか?

 

「痩せている人、太っている人では味覚が違う」

 

客観的なデータとして、「これを食べたら、代謝が何%上がります!」といった情報は多いですが、このように人それぞれの感覚について考えたことはあまりなかったのではないでしょうか?

 

ちゃんと味わって食べてますか?

1441335586_9e676e49b2_b

University of Colorado Anschutz Medical Campusの研究者らが行った研究によると「拒食症女性および肥満症女性は、健康的な人と比較した時に、味に対して異なる反応を示す」そうです。

論文の筆者である精神科医のGuido Frank氏は、変則的な食生活が脳の「島皮質」という味覚刺激を感じる部分に影響を与えるのかを調査しました。

実験では同年代の女性106人に被験者として参加してもらい、「砂糖水を飲んでいる時」と「味のない水」を飲んでいる時の、脳の働きの変化が観察されました。

その結果、一般的食生活または拒食症から回復した人たちと比べ、肥満体質な人および拒食症患者は味の判断に障害がみられ、砂糖水と普通の水の味の違いを判断するのに苦労したとのこと。

By: Chase Elliott Clark

このことについてFrank氏は次のように述べています

「もしあなたが味の区別をできないのであれば、それはあなたの食事量に影響を与えるだろう。」

「さらに、それは脳内の報酬系(ドーパミンの報酬回路)のオン、オフに関わってる。」

つまり、ついつい食べ過ぎてしまっている方は、食事を十分に味わうことができていない。そのために量で満足感をカバーし、それに伴い体重が増えてしまっているのかもしれません。また食事量が増えれば増えるほど、脳内の報酬系はより強い刺激を欲しがるため、負のスパイラルに陥ることになります。

By: Sancho McCann

Frank氏は味の強さを変えることが、肥満症や拒食症の治療に役立つかもしれないとして次のように述べています

「拒食症患者には弱い味付けを、肥満症患者にはより強い味付けの食事を与えることで改善が見られるかもしれない」

もしかしたら私たちは忙しさにかまけて、食事を味わうことを忘れているのかもしれません。

食事をするときはテレビをつける、ツイッターを見ながら食事をしている方で、ダイエットに取り組んでいるのであれば、もう少し食事に集中してみてはいかがでしょうか?

今まで努力してきたけど全然痩せられなくても、気づいたら自然と食事量が減って、体重が減ってたなんてことがあるかもしれません。

By: ArtRebels
Sponsored Link

考え方を変えれば痩せられる?

By: Blanca
By: Blanca

テレビでもネット上でも色々なダイエット法がありますが、食べて痩せる系はあまり信じない方がいいです

「このサプリを飲んでいれば絶対に太らない」「これを食べれば代謝が上がるからいくら食べても大丈夫」、こういったものは結局、食べたいという欲求自体は変わっていないですから。

いくらダイエット食品を摂取したって、食べた時点で、代謝云々関係なしに体のエネルギーになりますから

本当に痩せたいなら、モノに頼らないで、考え方から根本的に変えていきましょう。

例えば、あなたはアイスクリームが大好きだとします。いつもいつも食べたいと思っているけど、「食べたら太る」とも考えている。

そうすると脳は「食べたら太るけど、アイスクリーム食べたら幸せになれるから食べよ〜っと」という選択を必ず取ります。つまり脳が喜ぶ選択を常にするんです。だからついつい食べてしまったり、一回の量が増えてしまうわけです。

By: rick

ではどうすればいいのか。それは食べたいモノのイメージを脳から引き離し、ヘルシーな食べ物に対して「健康にいい。味わったら凄く美味しい」というイメージをつけること

そして食べる時も、そのヘルシーな食べ物に集中して美味しさを感じること

先ほど紹介した論文でも言われている通り、味をしっかり感じることで満足感はかなり増します。友達と食事をしている時はお互いにポジティブな感想を言い合えれば、なおいいです。

特に、食べたら太る食べ物を目に入れないことは重要です。食べ物のメリット・デメリットについて考え始めたら、必ず脳は自分を甘やかす選択をします。おそらくそれは今までの経験から自覚していると思います。

自分の中に痩せた後の良いイメージを持って、太る情報は目に入れず、食事をする時には十分に味わって、健康的な体を手に入れましょう。

心理学メディア – TRICK or HEART?
Sponsored Link