海外の浜辺でゆっくりした時間を過ごす。これが21世紀最大のストレス解消法


Sponsored Link

↑photo by Alessandro Caproni

あなたにとって一番心休まるところはどこですか?どこにいても常に仕事や将来のことを考えてしまって、落ち着ける場所がない方も多いでしょう。

そんな方は、一旦日本から物理的な距離を置いてみましょう。南国の島へ行き、浜辺で海を見ながら、読書や美味しいカクテルを飲んでたら、きっとストレスなんてどっかに行っちゃいますよ。

By: PortoBay Hotels & Resorts

 

・オーシャンビューは人間にとって最高の癒し

ミシガン州立大学は、世界で初めて精神的な健康とオーシャンビューの関係を調査した研究を発表しました。

ニュージーランドのウェリントンという、とても綺麗な海に囲まれた地域で収集されたデータをもとに研究され、その結果、オーシャンビューにはストレスを軽減する効果があることが明らかになりました。しかもそれは年齢、性別、収入などにかかわらず効果が得られるみたいです。

夏休みになったら、ハワイに行って、溜まった心理的ストレスを一気に発散する方が多いのは、本能的に自然の安らぎを求めているからなのかもしれません。

でも実は、人工物が入り込んでいる景色では、ストレスを軽減する効果が見られなかったことが研究でわかっています。当然、夏のハワイに行ったらたくさん日本人もいるだろうし、そもそも有名なビーチでは観光客のために完全に整備されていますからね。

By: Federico Capoano

ですから、ちょって不便でも最高のひと時を過ごせる自分だけの島を探してみましょう。

渋谷公会堂で行われたトークライブで高城剛さんは次のように述べています。

「10年前スマートフォンを使っている人なんて誰もいませんでした。でも今世界中の人が使っています。同じように10年たったら世界中の人が南の島を目指すでしょう。だから誰よりも早く自分の南の島を見つけていただきたい。」

読者の皆さんには「南の島はいいかもしれないけど、海外旅行をするお金も時間もないよ」という方もいるでしょう。

確かに大手旅行会社でツアーなんて申し込んだら、お金はかかるし、ホテルは地味だし、いいことがないですよね。

でも世界中でLCCが発達していますから、日本から出れば、航空券は格安に手に入ります。スカイスキャナーを使えば一発で最安のチケット検索してくれますよ。カタール航空なんて使ったらヨーロッパの国々まで5万円で行けちゃいますよ。しかも、トランジットの時間が長い場合にはホテルを無料で提供してくれるサービスを始めたらしいですよ。そう、もはや行かない理由がないんです。

By: Antonio Zugaldia

Airbnbを使えば、観光客が少ないマイナーな島でも、泊まるところが見つかります。ちょっとサイトをのぞいてみればわかりますが、よく本屋さんに売っている「世界の絶景100選」みたいな本に載っている絶景が観れる宿が溢れています。それらはホテルで会ったら10万円するようなところでも1万円以下で泊まれたりしちゃいます。

航空券、そしてちょっとのお金と英語力があれば、自分だけの最高のひと時を過ごせます。音楽が好きなら「イビザ島」、ヨーロッパの歴史が好きなら「マルタ島」、日本から近くてすっごい綺麗な海が観れる「セブ島」など最初はメジャーな南の島でもいいでしょう。綺麗なビーチが心を解き放ってくれるはずです。

ぜひこんないい時代に生きているんですから、どんどん海外に出て、自分の島を見つけて、人生楽しんじゃいましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。